Ridilover - Social Issue Conference

アール・シック:社会を変える、繋がり

2017217日(金), 18日(土), 19日(日)
ベルサール神保町・ベルサール神保町アネックス
R-SIC 2017 申し込みは終了致しました
たくさんのご応募ありがとうございました

R-SIC とは

R-SIC(Ridilover-Social Issue Conference)はリディラバが2013年より毎年開催している、社会事業に特化したソーシャルカンファレンスで、今回で4回目を迎えます。
ソーシャルセクターの事業運営に関するノウハウの共有、セクター間の連携、ファンドレイジングの促進を目的としており、昨年はつくば国際会議場で2日間開催し、248名のご参加をいただきました。
今年のR-SICには、各分野のトップランナー40名以上が登壇
様々な社会課題のトレンドを把握したい
業界トップランナーに会って刺激を受けたい
想いを共有できる仲間を作りたい
そんな方は是非、 R-SIC(アールシック) にご参加ください!

R-SIC に参加すべき4つの理由!

① 14の社会課題を取り扱います!

各分野のトップランナーを登壇者にお招きする、注目テーマのディスカッション。ソーシャルビジネスの最新トレンドの把握、「社会性のある事業の資金調達戦略」など事業経営のノウハウ共有を行えます。

▼ R-SICで取り扱う社会課題
Session 1 社会人キャリア

ソーシャルセクターは片道切符?
〜社会の分断を飛び越えるキャリアの作り方〜

Session 2 障害者雇用

障害者と健常者の間にある未来像
〜障害者の幸せと健常者の幸せが共存する社会のあり方について〜

Session 3 1次産業

その答えは6次産業化なのか!?
〜1次産業の生き残りに必要なもの、いらないもの〜

Session 4 地方創生

誰が地方創生を成功に導く?
〜救世主はどこから来て、そしてどこへいくのか〜

Session 5 子供の貧困

子供の貧困を救うのは誰?
〜子供を取り巻く様々な問題の現状〜

Session 6 社会人教育

22歳からの社会人教育
〜誰が、何を、どう学ぶ?学びで繋ぐ分断社会〜

Session 7 グローバル教育

世界中が教室になる
〜グローバルな人材の育成に必要な大学のあり方とは〜

Session 8 日本の教育

未来の学び舎はどこにある?
〜フリースクール、オンライン授業が変えて行く学校の既成概念〜

Session 9 クリエイティブ

なぜ広がらない?なぜ売れない?
〜マーケティング、ブランディングにおけるクリエイティブの重要性〜

Session 10 働き方

これからの働き方とは?
〜時短や副業の先にあるもの・人は何を目指す?〜

Session 11 資本主義

資本主義の未来とインパクト投資

Session 12 CSR・CSV

CSVは企業と社会の分断を繋ぎ直せるか?
〜社会活動を通して企業が創る未来〜

Session 13 資金調達

地方における資金調達の潮流

Session 14 分断社会

分断社会の今と未来
〜様々な場所で起きている分断の本質を探る〜

② 登壇者には業界のトップランナーがずらり!

政治、経営、金融、福祉、教育など、様々な分野のトップランナー総勢40名以上がR-SICの場に集います。

▼ 主な登壇者(抜粋・順不同)
  • 松田悠介 氏 (Teach For Japan 代表理事)
  • 津田大介 氏(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト) 
  • 山崎繭加 氏(華道家&元ハーバード・ビジネス・スクール 日本リサーチ・センター) 
  • 井上貴至 氏(長島町副町長(地方創生担当))
  • 干場弓子 氏(株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 取締役社長)
  • 中村岳 氏(株式会社レアジョブ 代表取締役社長) 
  • 津田匡保 氏(ネスレ日本株式会社 Eコマース本部 部長)
  • 山口文洋 氏(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 代表取締役社長)
  • 妹尾正仁 氏(ヤフー株式会社 社会貢献推進室 室長)
  • 木村真樹 氏(公益財団法人あいちコミュニティ財団 代表理事 / コミュニティ・ユース・バンクmomo 代表理事)
  • 為末大 氏(一般社団法人アスリートソサエティ 代表理事)
  • 森山誉恵 氏(特定非営利活動法人3keys 代表理事)

③ スタディツアーにも参加できる!

会議室にとどまらず現場へ。各参加者の関心領域とのマッチングも考えた、スタディツアーのリディラバ主催「社会課題の学びの旅」です。最新動向の調査や当事者との対話を通し、課題への知見を広げます。

▼ R-SICで扱うツアーのカテゴリ
食品廃棄、自閉症、人権、防災、動物愛護、性産業、町工場、一次産業、空き家・福祉、民主主義

④ ビジネスコンテストも実施!

新しいソーシャルビジネスのためのインキュベーション&ピッチコンテスト。登壇者は公募。選考過程でプレゼンのブラッシュアップの機会を設けます。投資家や出版・メディア関係者などを審査員にお招きし審査、入賞者を決定します。

▼ 審査員
中村岳 株式会社レアジョブ 代表取締役社長
山田泰久 NPO法人CANPANセンター 代表理事
今野穣 株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ ジェネラルパートナー, 最高執行責任者(COO)
干場弓子 株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン 取締役社長
西村勇哉 NPO法人ミラツク 代表理事

さらに、新たなネットワークを作れる企画もご用意!

① 登壇者と話せるネットワーキングタイムを設けます!

② 自由参加の懇親会でさらに輪を広げてください!

③ 3日間を通してより深いコミュニケーションを実現

過去の登壇者や参加者からも以下のようなお声をいただいております。

登壇者 天米一志さん((株)五星 パブリックマネジメント研究所)
地域の課題を発掘し自ら解決策を考え実行することを目的とした社会起業は、限られた世界感や価値観の中で実施されがちであると推測する中、R-SICは多様な視点の持ち主や多業種に携わる方々が集まり、新しい連携や支援の誕生から必ず何かを生み出す機会に繋がっていると改めて感じた。また、机上ではなく実務として最前線でご活躍をしている方々のお話は、とても刺激にもなり、次世代の人材の発掘にも繋がっていると確信している。
登壇者 鈴木洋一さん(国際協力団体 特定非営利活動法人 オックスファム・ジャパン キャンペーン・オフィサー)
IT技術を駆使した様々な聴覚障がい者向けサービスを提供しているシュアールや貧困下にある子どもたちの学習環境の向上と、若者たちのリーダーシップの育成を行っているTeach For Japanなど、社会的な排除を受けている人々に着目するという活動のあり方は、社会は「包摂性」をもつべきという欧州における社会認識に近く、潜在的には「社会排除」を打破しようという概念は日本社会にもあるように感じました。
「どのような社会をつくっていくのか」という問いに対して、「社会排除」に対する問題意識は一つのヒントになるように感じました。
職種や活動分野を超えた対話を行うことで、それぞれの参加者の認識が広がったと思いますし、このような空間は日本では希少であり、こうした点が本会議の大きな意義のように感じました。
参加者 森山奈美さん(株式会社 御祓川 代表取締役社長)
それぞれの現場で変革の担い手となっている方々の生の声を聞いて、間違いなく、社会的事業が社会を動かしていくという時代に入ってきていることを感じました。弊社が15年前に民間まちづくり会社をはじめたときとは隔世の感です。そこには、危機感や悲壮感よりも、ワクワク感や達成感が充満しており、「こうすべきだ!」などと、声高に叫ばずとも、若い方々がしなやかにスマートに、社会を変革し、未来をつくっていく希望を感じました。ありがとうございました。
参加者 鈴木裕二さん(フリーエデュケイター)
社会的に困っている人のために動いている人びとを繋げるこのR-SICという取り組みを、日本の隅々の人にも知って欲しい。私は一人の社会人として強く感じました。
日本も世界も貧困や差別などの社会問題が山積しています。その解決のためにそれぞれの団体が事業活動をしていますが、まだあまり知られていない側面もあります。知られていないこと自体が最も大きい問題なので、今回のこのカンファレンスは、多くの人に知ってもらい、また団体同士を繋ぐとても良い機会でした。
R-SICはもともと招待制カンファレンスとなっておりますが、参加枠を広げて欲しいとの声を多くいただいたことを受け、「公募枠」を設けました。
公募を通して、より幅広い方々とこの場を共有し、社会課題の解決に向けて動き出す人を増やしたいと思っております。
R-SICに興味を持っていただいたあなたと会場でお会いできることを楽しみにしています。

参加申込

R-SIC 2017 申し込みは終了致しました
たくさんのご応募ありがとうございました
開催日程
2017年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
開催場所
ベルサール神保町(17日、18日)、アネックス神保町(19日) アクセス
申し込み締切日時
2017年1月16日(月) 23:59まで (一次募集は終了しました)
2017年1月30日(月) 23:59まで (二次募集は終了しました)
参加費・申し込み
一般参加:35,000円 (3日間の昼食代、懇親会費用込み)
NPO参加:15,000円 (3日間の昼食代、懇親会費用込み)
この度多くのご協力をいただき、NPOご所属の方に限り、参加費通常35,000円のところ15,000円でご参加いただける運びとなりました。
※ NPO法人、一般社団法人、一般財団法人、公益社団法人、公益財団法人のいずれかにご所属の方が対象です。
高校生参加:5,000円 (3日間の昼食代、懇親会費用込み)
高校生の方々から頂いたご要望にお答えして、参加費通常35,000円のところを【高校生以下限定、10名様に限り特別価格5,000円】でご案内させていただきます。
R-SIC 2017 申し込みは終了致しました
たくさんのご応募ありがとうございました

協賛