主催者あいさつ

近年、社会課題を事業を通して解決に導いていくというソーシャルビジネスの概念が世界的な潮流として広がってきています。これは国内でも同様でしょう。
一方で、それらの課題解決を行うプレイヤーであるNPOや企業がどのように継続性を持ち、また必要なリスクを取って課題解決に臨んでいくのかという、この分野に関わる多くの人々にとっての”課題”に対しては答えが出ていないように感じています。

そして、それらの課題解決を可能にする成熟した組織の構築も大きなハードルでしょう。
ボランティア等が関わることも多い非営利事業や社会的な事業においては、独特のマネジメントが必要になってくることも少なくありません。
これまでも社員や職員、ボランティアスタッフのキャリアをどのように描いていくのか、という内部の問題で課題解決そのものが遅れてしまっている事例を私個人でも沢山見てきました。

私自身そして我々リディラバは、こう言った現状の解決の為には社会的事業という分野そのものがより強固にそのノウハウを共有し、社会的事業と呼ばれる分野全体でリスクを取ることが個別のNPOや企業のリスクを下げていくと考え、本カンファレンスを立ち上げました。

R-SIC(アール・シック)は社会的な事業と呼ばれるトップランナー達のノウハウや苦悩を共有し、そして社会課題を事業として解決していくと言う価値観を当たり前の世の中にしていく為のオフサイトカンファレンスです。
多くの社会的事業の経営者やその分野に関心のある人々が集い、議論し、新たな解決策や恊働の形を生み出していく機会にしていければと思っております。

一般社団法人リディラバ代表理事/株式会社Ridilover代表取締役 安部敏樹