日本語 | English
リディラバはソーシャルイシューを発見する“旅”を提供します
お問い合わせ

自治体様向け地方創生ソリューション

移住ツアー紹介

移住ツアー実施レポート

なぜリディラバが地方創生に?

リディラバは任意団体として2009年に設立されて以来、多くの地域課題を発信するツアーを行っており、200以上のテーマで6000人以上の方を地域に送ってまいりました。

それらツアーを実施する中で、「地域の課題を知るだけでなく、実際に解決に当たりたい」と地域に移住される方が生まれております。

そのような経験から、リディラバは「地域に埋もれている課題や資源」と「課題解決ができる人材課題解決をしたい人材」とをツアーを通してマッチングすることを本格的に事業化出来ないかと考え、以下のような人口概念図の下、地方創生に挑んでいます。

リディラバは大きく分けて3つの事業で地方創生に取り組んでおります

リディラバの「地方創生」事業

移住メディア「TRAPRO地域クチコミ」

移住検討者が気になる地域のリアルな情報を聞けるプラットフォームを作っています。

メディア掲載実績

移住先を検討するのに使えるサイト「TRAPRO移住クチコミ」 | ライフハッカー[日本版]

http://www.lifehacker.jp/2016/03/160327tarapro.html

移住先を検討するのに使えるサイト「TRAPRO移住クチコミ」とは - ライブドアニュース

http://news.livedoor.com/article/detail/11343056/

【気になる地域のクチコミ情報共有サイト】- 移住・交流推進機構 - JOIN

https://www.facebook.com/iju.koryu/posts/1570790876579040

地域課題を魅力コンテンツに変える「スタディツアー」

受賞歴多数、メディア掲載実績多数のリディラバスタディツアー事業。地域課題を魅力コンテンツに変えて旅をする取り組みは、2014年に観光庁長官賞を頂きました。200以上のテーマ、6000人以上の送客実績とそのユニークな企画力で地域の魅力を発信します。

長野県長野市「2016年3月26日(土),27日(日) 長野探訪。山と街を行き来する「理想」の暮らし方を見つける旅」

長野市は都会的な「街」としての側面を持ちつつも、車ですぐのところにハンターの猟場である「山」が有ります。そんな「街」と「山」が一つの生活圏にある長野ならではの暮らしの魅力を探るべく、一日目は「山」に暮らすハンターと、二日目は「街」の古い蔵や商店をリノベーションして暮らす方との交流を持ちました。参加者の中にはハンターとして移住を検討している方がいらっしゃいました。

富山県立山町「2016年3月26日(土),27日(日) 蛭谷和紙、唯一の継承者に学ぶ!富山県立山町巡りと伝統工芸ツアー」

黒部立山アルペンルートで有名な立山町ですが、実は越中和紙・越中瀬戸焼の産地として高い技術と芸術性を持った住民が多いのも魅力のひとつとしてあります。この2つの伝統工芸を、原料を採取・加工するところから最後まで自分の手で世界に一つだけの作品を作りあげる体験を通して、立山町が支える伝統工芸の魅力とそれを継承している移住者の方々の生活を学びました。

山梨県富士吉田市「2014年1月25日(土) シカ肉を食べながら!?環境保全について考えるツアー」

移住や転職を検討しており、山やトレッキングが好きで山に携わる仕事をしたいと考えている方が、富士吉田市で開催されたツアーに参加しました。
ツアー中の地域住民との交流を通して、富士吉田市での暮らしやコミュニティに魅了され、さらに、山に関連する仕事があることがツアーでわかり、ツアー後に移住しました。
現在は、林業従事者として富士吉田市で活躍されています。

長野県小布施市「2013年9月14日(土) まちづくりの先行事例を現場で学ぼう」

東京大学の学生で地域開発に興味があり、小布施町に一度訪れたいと考えていた方が小布施町のツアーに参加しました。ツアーを通して小布施町のコミュニティに惹かれ、ツアー後も定期的に小布施町に通うようになり、2013年4月に小布施市に移住しました。

他実施実績多数。

導入事例

学校

日本全国北海道から九州までの数十校にて導入頂いております。中高等教育課程において、自分の地域の課題や魅力を理解することは、仮に大学進学・新卒就職などで一度地域を離れても、自身の地域を良くしたいという思いから後々地域へとUターンすることにも繋がります。

法人

CSVや新規事業開発を目指す企業様に地域課題をテーマとした研修旅行を提供しております。参加企業が課題の構造を理解し、解決策を考えるWSを通して、ビジネスを通じて地域課題を解決する視点を提供しております。

受賞歴

2014年6月25日 若者旅行を応援する取組表彰 観光庁長官賞(最優秀賞)
2013年7月23日 KDDI∞Labo4th DemoDay 最優秀賞
2013年5月24日 Infinity Ventures Summit 2013 Spring Launch Pad 入賞
他多数。

メディア掲載実績

2015年4月21日 東京IT新聞「創造者 INTERVIEW」
2015年2月12日 日本農業新聞(日刊)
2015年2月4日 北國新聞【過疎地に泊まってみた】2泊3日の農家民宿ツアー!」
他多数。

スタディツアー参加者の声

実際に話を聞き、その土地を歩くことで、 地域の魅力、課題に対して、自分なりの視点を持てたと思います。また、その地への移住や、暮らし方のイメージを持ちやすいツアーだったと思います。
『長野探訪。山と街を行き来する「理想」の暮らし方を見つける旅』 参加者)

とっても熱い川原さんの言葉が印象に残りました。じ〜んと心に響く言葉は、真剣に向き合っている方だからこを話せることかと思いますが、そんな方々に対して直接対話ができるのはリディラバのツアーの良さだと思います。時間許すまでじっくり聞きたいこと思っていることを直接ぶつけられる機会に恵まれ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
『蛭谷和紙、唯一の継承者に学ぶ!富山県立山町巡りと伝統工芸ツアー』 参加者)

都内イベント&継続可能なスタディツアー

一度地域を訪問した人が、地域との接点を失わないように、都内においてイベントを開催。また、一度開催されたツアーは弊社ツアーサイトで公開され続け、希望者が集まるごとに半永久的に開催可能。単年ではなく継続的に地域に関わる人を増やし続けます。

都内のイベントでは地域の方やツアーに参加した方が交流を持ち、気軽に再度地域との関わりを作っています。

弊社のツアーサイト「TraveltheProblem」では一度開催されたツアーは半永久的に掲載され、参加希望社はボタンクリック一つのクリックで再び地域と関わることが出来ます。

事業者育成/創業支援

弊社が地域課題からスタディツアーを企画、実施するだけではなく、地域の事業者(移住者含む)に、地域課題から学びのコンテンツを開発する研修や、課題解決のためのスキルとマインド育成の研修を提供しております。
また、このように地域で挑戦する人同士の交流の場を設ける事は、移住者が地域に入り込むきっかけ作りにもなっています。


以上のように、リディラバでは、(1)メディア、(2)スタディツアー、(3)移住イベント、(4)地域の事業者育成&創業支援の4つのチャネルで地方創生事業を展開しています。

まずは、お気軽にお問い合わせをいただければ幸いです。


問い合わせ